home information profile schedule discography from mado   contact

宮咲まどが日々、感じたり、思ったりしたことを綴ります。自身による日記。不定期ですがお届けします。






2020.1〜2020.12

2019.1〜2019.12

2018.1〜2018.12

2017.1〜2017.12

2016.1〜2016.12

2015.1〜2015.12







2021.6.26(土)

「君のhomeライブ 阿佐ヶ谷編」

6/22、無事にお届けできました! ありがとうございました。
今は、ライブが終わってしまったと言う淋しさと、安堵感で、、、ほっと一息ついています。

というのも、もともとは、このライブは昨年に予定されていましたが、緊急事態宣言により一度目の延期となり、その後約一年間、その時を待ち、今年の五月に開催!となりましたが、またもや緊急事態宣言があり二度目の延期、そして今回も「まん延防止等重点措置による営業時間短縮要請」が出まして、急遽、ライブ開始時間を繰り上げ、ライブを決行という次第でした。

harnessさんのご協力のなか、なんとか無事に終えることが出来ました。
お越しくださった皆様、ライブ配信をご覧頂きました皆様、ありがとうございました。配信は、画像や音声がとぎれたりしまして、大変申し訳ありませんでした。

ゲストにharnessのオーナーでもある、シンカソングライターの鎌田ひろゆきさんと、ギタリスト円山天使さんの
おふたりをお迎えしてのライブ。
一年と四ヶ月ぶりの有観客ライブでしたので、ライブへの想いが膨らんだ分、緊張も高まるなか本番を迎えたましたが、
円山さんのギターのサポートもあり、とっても良い感じ! いつもはバラードの「午後七時」も、ポップなアップテンポで。
「All right」は、ギターのリフのイントロでカッコよく決まりました。「あの娘と太陽」もボサノバ調で、、、もうすぐやってくる夏を感じていただけたかな。

二部の最初におおくりしたコラボレーションのニ曲は、もうひとりのゲストである、鎌田ひろゆきさんの曲で、私の大好きな「Angel」と「ソングライン」を。とても素敵なメロディーと歌詞、歌っていて感無量でした。
鎌田さんとコーラスの円山さんのハーモニーに重なる喜び、お二人のギターの音色。ライブにしか存在しない独特の空気を感じ、本当に幸せでした。

けれど、自分には反省が多々ありました。次なる目標に向けて、新たに頑張りたい!と気を入れているところです。
「All right」の歌詞にある「時には立ち止まったり 途方に暮れてもみたり 不器用ながら頑張るそんな人でありたい」
それは、私そのものを表す言葉なんです。 久しぶりのライブで、初心に戻り自身と向き合いあらためて正直に心を歌い、
感じ思った事は、、、。 皆様の日々に寄り添っていられるような、そんな音楽を届けられる人になりたい。という想い。
まだまだ夢の途中です! 日々を朗らかに頑張りたい。 ありがとうございました。
mado



2021.5.31(月)

「六月に歌います」

ずっと待ち望んでいたライブ!!六月に歌います。

昨年は多くのアーティストがそうであった様に、私も春先より数々のライブが延期となりました。
そのうちのひとつのライブは、無観客の配信ライブとしてお届けでき、カメラの前で歌うという初めての貴重な体験もさせて頂けましたが、やはりオーディエンスをお迎えしてのライブは本当に久しぶり! 嬉しいです。


しかし、今回も五月に予定していたものが六月に延期となり、先が読めない状況の中、スタッフと共に色々と考える日々でした。 まだまだ世情的には落ち着かず、毎日飛び込んでくる様々な情報を見聞きしては、感じることも多く考えは堂々巡りですが、「ライブ」をしたい。素直な気持ちです。心を込めて歌う、そう決めました!
ゲストには素敵なお二人、ギタリストの円山天使さん、harnessのオーナーでもありシンガーソングライターの鎌田ひろゆきさんをお迎えいたします。
円山天使さんとYouTubeでお届けした鎌田さんの名曲「ソングライン」など、コラボレーションいたします。
想いを届けます!六月にお逢いしましょう。お待ちしております。mado



2021.5.2(日)

「「FUKUSHIMA」の発売記念ライブへ横浜」

鬼武みゆきさんのニューアルバム、「FUKUSHIMA」
の発売記念ライブを観に行って参りました。
昨年に予定されていたこのライブは、コロナの影響により、二度にわたって延期となりましたが、万を持しての開催となりました。
そのせいでしょうか、、、会場のお客様達は和やかに、開演のベルを、今か今かと待ち望んでいらしてたように感じました。

福島へ何度も脚を運び、人々の福島への誇りや、東北の力強さ、そこにある想いを、音楽にかえて紡ぎ創り上げられた「FUKUSHIMA」に収録されている曲を中心にライブは進み、光のなかに見える春の桜の山々、清流に踊る鮭達の姿、祭りの暑い夜と人々の熱気、、、
みゆきさんのピアノと素晴らしいメンバー [岩瀬立飛(Drs) 鳥越啓介(B) 中西俊博(Vn)]さんの演奏、ゲストの宮沢和史さんのパッショネートな唄によりひと時、小旅行をしたかのような素敵な時間でした。

そして何より、福島をはじめ、いつも人々の幸せな笑顔を願い活動をされていらっしゃる、みゆきさんのお姿は、よりいっそう美しかったです。

みゆきさん、ありがとうございました。 mado








2021.3.15(月)

「大塚まさじさんライブ」

半月ぶりに都内に出ましたが、まだ続く非常事態宣言下。
行き交う人々の思いもきっと様々で、複雑なのでしょう。
つい考え込む事も多くなりますね。

けれど車窓の景色のなかにも、風のなかにも春の気配を感じます。
新しい季節を教えてくれる花の様に、新芽を伸ばす樹々の様にいたいものです。

吉祥寺は3ヵ月ぶり!髪をさっぱりと整えてもらいました。




そして夕刻からは大岡山Good Stock Tokyoさんへと向かいました。
以前から観たいと思っていた「大塚まさじ」さんのライブ、この日ようやく伺えました。
大岡山Good Stock Tokyoには昨年3月に予定をしていた、私のライブが中止になって以来なので、
約一年ぶりでしたが変わらず、にこやかに迎えてくださったスタッフの方々へ「お久しぶりです」のご挨拶を。

そして本番前の楽屋にお邪魔をしまして「大塚まさじ」さんに「初めまして」のご挨拶をさせて頂きました。
優しい笑顔で迎え入れてくださり、それだけでも嬉しかったのですが、曲を作り、歌う上での心や、音楽に向かう心、
その在り方等々、とても大切な事を話し聞かせてくださって本当に嬉しかった!

また、まさじさんの曲で「天王寺想い出通り」を聴くと、幼少の頃、祖母と待ち合わせた地下鉄の駅の匂いを懐かしく
思い出す事や、日々を生きることの美しさを感じる「街唄」が好きです!などとお伝えする私の思いにも、穏やかに耳を傾けてくださって、ライブを聴く前からますますそのお人柄に惹かれてしまいました。

ライブは本当に素敵でした! 歌詞が染みて、歌声も素敵で…語る様に歌うまさじさんのライブ。引き込まれました!
「歌うことが好き、生きることが好き」と歌うまさじさんの溢れくる想いに包まれて幸せだった。

音楽への愛、人々への愛を胸に生きる方、大塚まさじさん。 また必ずライブへ伺います! mado





2021.2.28(日)

「浅草でお買い物と横浜"鬼武みゆき"さんレッスン」

大好きな街角散歩も儘ならない中ですが二月はお出かけ2回。
どうしても必要な道具を求めに浅草、かっぱ橋道具街へ。お天気もよく上野駅から徒歩で向かいました。
途中下谷神社でお参り。その後もう一つの大事な用事で有楽町へ、ここでちょっと休憩。
そして先週は鬼武みゆきさんのレッスンを受けに横浜。優しく・厳しく、いつもありがとうございます!
鬼武さんはこの四月に、コロナ禍で一年延期になっていたCDアルバム「FUKUSHIMA」のスペシャルコンサートを行いますが、コロナ感染防止の為、人数制限での公演、チケットは残り少ない様です。ご興味の御座います方はお早めに!
まども伺います!



2021.1.8(金)

「2021 初詣。初練習。」

1/6(水) 今年の初練習をしました。 その後初詣を。
最近では「神田神社(神田明神)」でお参りでしたが

今年は地元のみで・・。

他に参拝の方もいない中、静かにお参り。

兎にも角にも1日でも早く平穏な世になります様に!
昨日、再度緊急事態宣言も発出され多くの人々が更に苦しい思いをする事でしょう。

自分の身近ではミュージシャンの方々、コンサート、ライブを支えて下さるスタッフの方々、
そして何よりも心配なのが自身の大切な活動場所の「ライブハウス」。
皆さんそれぞれ工夫をして気丈に振舞っていますが心の中はどんな思いでしょう。考えると涙が出てきます。
気がつくとちょっとした事にイライラする自分も居たりします。

早く早く平常な日々に戻ります様に。
ひとりひとりできる事を他の人にも思いやりをもって頑張りましょう! mado



2021.1.1(金)