宮咲まどが日々、感じたり、思ったりしたことを綴ります。自身による日記。不定期ですがお届けします。








●2019.1〜2019.12

2018.1〜2018.12

2017.1〜2017.12

2016.1〜2016.12

2015.1〜2015.12





2019.11.4(月)

「Why are you creative?」

ドキュメンタリー映画を観に行きました。
「自身のアイデアを抽象的なものから実体のあるものへと変化させるのは何なのか?」この問いかけを世界中のアーティスト、クリエイターに投げかける!
というもの。

監督はドイツ人の「ハーマン・ヴァスケ」 建築家、俳優、歌手、映画監督に
写真家、政治家にデザイナーに科学者。

住む国も創り出すものも様々な人々だけれど、共通することもあるし、異なることもあるしそれはそれは本当に様々で、面白かった。

「なぜかは分からない。」「それしか自分に出来ることはないし、想いをそれでしか表現できないから。」
「神が与えてくれたものだから。」「特別なものではない。誰しもクリエイティブなものがある、それは例えば微笑むこと。それだけでも人に何かを伝えられるしそこから、何かがうまれるから。」「自然に始まる知的冒険である。」
「現実と隣り合わせにあるもう一つの世界からやってくるものだから。」「最高にワクワクするから!」
「どこからか湧き出てくる、、楽しさといつか枯渇するのでは?との狭間で生きている。」などなど。

そして誰しも同じ事を表現していたのでは?と私が感じたのは、、、
「生きていることがクリエイティブ。クリエイティブは世界の発展に繋がる。それは人間の知性から生まれるもの。
良性の欲望であり、いつもすぐそばにあるもの。」

あぁ、そうだよね、そうなのよ!! 私が「いつもこうありたい、目指したい道を、このまま行こう!」 と、
映画館の扉を開けて出たのでした。
ホープキン博士が言っていたように。「とこかへ辿り着くよりも希望とともに旅を続けたい。」
私の旅もまだまだ続く。色んな景色を見に行こう。 mado




2019.11.1(金)

「代官山NOMADさん初出演でした!」

10/29(火)は「代官山NOMAD」さんからお誘いをいただき、ノマドさん初出演のライブとなりました。

「甘く 強く 儚く 響くvol.1」と題したこの日のライブ。
ご一緒した出演者の方々の中では私はダントツで最年長!!とても緊張しましたが、新しい場所で歌える喜びや新鮮さをたっぷりと感じながら歌いました。
久しぶりのライブで初めての場所だったので、曲選びもじっくりと考え、、、
今回はゆったりとした曲を中心に歌いました。

♪「Balance」ではこの頃特に思う、大切にしたい想いを込めて、
♪「君のhome」では誰しも心にある温かい懐かしい場所への想いを込めて。
暖かいお客様の拍手、嬉しかったです!

肌寒い雨の中ご来場くださり、ありがとうございました。 代官山NOMADオーナーの阿部さん、スタッフの皆様、ありがとうございました。

次回ライブ(11/17大岡山Goodstock Tokyo)の準備も進めています!
素敵なギタリスト「円山天使」さんをゲストにお迎えします!
とてもいい感じになる予感!! mado


木下直子さんと


娘のような Kii さんと


2019.9.13(金)

「SEPTEMBER Concert」

2001年、9.11に同時多発テロが起った後、多くの人々がニューヨークの街が深い悲しみにありました。
けれど「平和への祈りを込めて9.11にニューヨークの街を音楽で満たそう!」と翌年から、アメリカ人のスミスさんが始めたのがこのSEPTEMBER Concert。
現地ではライブハウスだけでなく、カフェや公園にお花屋さん、また様々な人が行き交う街角から音楽で愛を歌い平和への想いを祈る人々が賛同し集まり平和の声を共にしました。
そして、2004年ニューヨークでこのコンサートに参加をされて「このコンサートを日本でも!」と声を上げられたのが
庄野真代さんでした。 2005年から日本国内の各地で人々が集まり参加型市民コンサートとして毎年「9.11」のこの日に行われています。

田中章さん、中村隆道さん、鈴木雄大さん、
中川五郎さん、加藤実さん。

 庄野真代さん
ショッピングモールや体育館、日本でも様々な場所で行われているそう。 私は初めて観ましたが、その場で感じたことは
「愛」です。一番シンプルでいつも大切にしたい事。それをただひたすらに歌う伝わってくる熱い心。
小さな声であっても、たった一人の思いでも、ずっと続けること願い続けること、愛で歌う事でした。
皆が優しくなれば世界はもっと平和になるはず。家族、友人だけでなく隣の人にも、すれ違うだけの人にも優しさと愛を。 私も最終日9/14のSEPTEMBER Concertに、参加をさせて頂きます。
純粋にまっすぐに素直に愛を込めて。 パワフルに歌い、人々の中心にいて輝いていらした真代さんはしなやかな強さと暖かさを感じる素敵な方でした。 庄野さん、素晴らしい出演者の皆様、ありがとうございました。mado

フィナーレ / at:下北沢Com.Cafe音倉


2019.6.17(月)

「北村聡さん・金子飛鳥さん」

先日初めて中野区の「野方」へ行ってまいりました。都内を走る他の電車とは違って、
のんびりとしたスピードで走る西武新宿線の各駅停車で。
私が育った街を走る電車と似たような感じが良い。
目的はコンサート鑑賞。バンドネオン奏者の北村聡さんと、ヴァイオリニスト金子飛鳥さん、大好きなお二人のデュオ!

会場の野方区民ホールは落ち着いた感じの木作りの綺麗なホールでした。
演奏曲目は六月にちなんだ曲から始まり、お二人のオリジナル曲含め、タンゴからバッハまで!素晴らしく、ただただ美しい演奏に心清らかになる夜でした。
終演後もご挨拶をさせて頂きました。
すべて出し切った~ ! といった感じの北村さんと、和やかに微笑む飛鳥さんとお写真も撮らせて頂いて、私もう嬉しくって夢現つのまま帰途へ。

野方からバスで中野駅まで向かったのですが、なんとなくそのまま乗っていたくなり終点の西新宿まで。久しぶりに乗車した都内の路線バスも新鮮でした!
雨模様だったけれど、金曜の夜に賑わう街並みや人々を窓越しに眺めながら行きましたよ! 素敵な夜となりました。
北村さん、飛鳥さん、ありがとうございました。mado。





初めて降り立つ西武新宿線野方駅

終演後

ステージセッティング


2019.3.7(木)

「君のhome ライブ vol.11」

"アットホームなリラックスした雰囲気の中で、私の音楽を一緒に感じて頂けたらいいな" という想いで始めた "君のhomeライブ" も、今回で11回目を迎えることが出来ました。
ここ最近やっと私がリラックスをしてお客様をお迎えする事が出来てきたかなぁーと感じます。
(我ながらいつも思います。牛歩の如く…不器用な私。良くいえばマイペースである!)

今回は約二年ぶり!ゲストにマヌーシュギタリストの菅原さんをお迎えしました。
サポートして頂くのは久し振りでしたが、それを全く感じさせない菅原さんのギター。
楽曲の世界観をいつも真摯に創ってくださいます。ライブを重ねてきたからこそ感じるユニットならではの楽しさがありました。

ギターが加わると本当に気持ちいい!アイリッシュ的サウンドの「Letter」、今回初チャレンジの中の一曲「Balance」も幻想的になって、とても良い感じでした。いつもと違ったアレンジで挑んだ「君のhome」はちょっと失敗、、、次回再チャレンジだ!

少し冷える雨となりましたこの日、来て下さったお客様、いつも良い準備をしてくださる
柏Animaliaのスタッフ、菅原さんありがとうございました!


今月はライブがもう一つ。
3/22(金) 大岡山Good Stock Tokyo。初めてご一緒する「My Favorite Things」のお二人と、での対バンライブです!
この日のゲストは6弦ベーシストの箭島さんと共にお届けします。
「My Favorite Things」のお二人とのコラボレーション曲もあります。こちらもどうぞ、お楽しみに!!
ちょうど桜の開花と一緒になりそうなこの日、お花見がてらお越しくださいね。お待ちしております!  宮咲まど


2019.2.26(火)

「島村楽器ららぽーと柏の葉店、バレンタインライブ!」

楽しかった!  2/14「島村楽器ららぽーと柏の葉店頭ライブ」今回はバレンタイン特別企画。
この日ならではのカバー曲(初めて歌ったあの曲も!?)を沢山、コラボレーションでお届けしました。大和田店長のフレッシュなドラム、そしてこれまたさらにフレッシュな紺野さんのピアノと共に、皆さんご存知のラブソングを歌いました。
弾き語りでは、午後の空に似合うオリジナル曲「子どもたちの午後」「私の扉」などを選曲して歌いました。

自分で世界を創れる弾き語りも好きだけど、バンドサウンドで歌うのは、違った楽しさもあって。
学生の頃に友達とバンドを組んで、放課後にスタジオで歌っていたあの頃みたい。とーーても楽しい!!
メンバーと息があった時のあの感じ!なんとも言えない感覚。
その感じが立ち止まり耳を傾けてくださったお客様、ゆっくりと観ていただいたお客様にも届いたのかな!?
一緒に口ずさんでくださる方もいらして本当に嬉しかった。
ベビーカーに座っている赤ちゃんが音楽に合わせて手拍子しているのも見えて、それも何名も!!すごいですねー。

音楽ってまっすぐに心に届くのだなぁ!想いが届いた嬉しい日となりました。
島村楽器スタッフの皆様、紺野さん、そして大和田店長さん、ありがとうございました。

さて次のライブは桃の節句、三月三日。
Animaliaさんでの「君のhomeライブ Vol.11」です!この日は久しぶりに、
マヌューシュスウィングギタリストの菅原智明さんをゲストにお迎えしておおくりします。
春を感じに是非お越しくださいませ。お待ちしております!  mado


2019.2.19(火)

「2019.2.2 大岡山Goodstock Tokyoライブ」

「ライブ」は緊張もしますが表現できる喜びも感じます。それはこの日も同じ。 一曲目は、ここのところやっと歌える様になったと感じる「三番目の涙」。
年齢を重ねひとまわりして(いやもっとだな!笑)今本当の意味でのこの曲が在る場所にしっかり立っている感じ。歌うでなく伝えるって事とは?表現ってなんだ?って事を、このところじっくり深く考える様になってきたからかな。

カバー曲もそんな最近の想いに通づるものを選びました。原田郁子さんの「変わる」と谷山浩子さんの「岸を離れる日」。
Goodstock Tokyoにあるアップライトピアノは優しくってふくよかな丸い音、すごく良い。私好きなんです。だからこそ弾き語りで歌いたかったこの二曲。
しかし、多少ミスタッチあり!悔しかったけど、心込めて届けた。
今回の初挑戦はというと、、。
これまでは鬼武みゆきさんのピアノや、弾き語りで雨の季節に歌っていた曲「紫陽花」。 季節外れだったけど、箭島さんのベースでどうしても歌ってみたくて!歌の世界に、広がりゆく優しく情緒あふれるベース。聴く方々の心にも、想いの雨が降り注いできたのではないかしら?


6弦ベース「箭島裕治」さん
「letter」は、今回特に気持ちよかった!どの曲でもそうなんですが、箭島さんのベースはメロディーラインと交差する音の入れ方が最高なんです!デュエットしている感じ。この曲では、裸足で自由に草原の風になって駆け抜けたみたいだった。
二部はアップテンポな曲を中心に。そしてアンコールは「子供たちの午後」。これは二人の息が一番合った!!想いが合った。この日のライブも楽しくて始まればもうほんの一瞬に感じたライブでした。
来てくださったお客様ありがとうございました。宮咲まど。


2019.1.11(金)

「明日は初ライブ。2019」

あした1/12(土)は、Mado今年最初のライブです。
年の初ライブはやはり地元で!「君のhomeライブ」もVol.10になりました。

お天気も良さそうなので、遊びにいらして下さい。
よろしくお願いいたします。宮咲まど。

リハーサルも力込めました!!
新たな曲も!!


2019.1.5(土)

「明けましておめでとうございます。2019」

昨年中は、応援のほど、ありがとうこざいました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

関東はまるで春のような日差し、穏やで、晴れやかなお正月でしたね。
皆様はどのようにお過ごしだったでしょうか?

私は元旦は家族とゆっくり過ごし、二日からは、年明けの初ライブへ向けての準備などをしつつ、遅まきながら、お年賀を書いておりました!

今年は躍動の年とし、何事にも丁寧に、大切に取り組みたい。
そして、新しい事にも挑戦したい!それが今年の抱負です。

皆様にとって幸多き年となりますように。
宮咲まど。




近くの氏神さまにて