宮咲まどが日々、感じたり、思ったりしたことを綴ります。自身による日記。不定期ですがお届けします。









2018.1〜2018.12

2017.1〜2017.12

●2016.1〜2016.12


2015.1〜2015.12











2016.12.24(水)

「今年も残りわずかですね」

いよいよ今年も残りわずかとなりました。今日はクリスマスイヴ、私は家でゆっくりと過ごしました。街も幾分落ち着いた感じに思いましたが、皆様は如何でしたでしょうか?

さて、先日の17日に宮咲まど今年の歌い納めライブを終える事が出来ました。お越し下さったお客様、ありがとうございました。
この「君のhome ライブ Vol.3」では、初めての志向として前半5曲カバー曲を。私の好きな曲(歌い継がれて欲しい素敵な曲たちを沢山紹介できて嬉しかった!)
その曲の輝き、歌詞、メロディの美しさを表現するのは勿論ですが、まどとしての理解、表現にも心がけて歌っています。後半はオリジナルで。

今ライブのたびに思う。ひとりひとりに語りかけるように、もっともっと想いが伝わるよう。そして「シンプル」を、突き詰めていきたいです。

本年もライブに、脚をお運び頂き、本当にありがとうございました。 来年はもっと歌いたいなぁ!何気ない日々を過ごし重ねて、その中での経験を感じながら、新しい曲、言葉、声をお届け出来るように頑張ります!どうぞ来年も宜しくお願いします。
宮咲まど 。




2016.11.23(水)

「映画 / あなたを抱きしめる日まで」

久しぶりに映画の話題を。
人間独特の「性(さが)」と「愛」。これらを、「人生」と合わせて美しく、哀しく時にユーモアも交えて描き出されている作品です。
その世界を生き生きと演ずるのは「ジュディ.デンチ」「スティーブ.クーガン」らの名俳優達。共にする時の長さではなく、この映画にあるように、互いに触れる事はなくても、想い合う、通じ合う「心」の尊さを、深く感じたのでした。
宮咲まど 。



2016.11.17(木)

「"君のhome" ライブ」

明後日11/19(土)「"君のhome" ライブ Vol.2」です!
柏 Animalia さんでのライブ、本当に音楽を楽しむという時間です。 他の場所で歌うのとは違って、お客様も近くて自分のお家で歌っているような気持ちになります。 一緒に楽しめたら嬉しいです! 是非お越しください。
宮咲まど 。



2016.10.24(月)

「井の頭自然文化園」

髪を切りに吉祥寺にあるいつもの美容院へと行って来ました。スタイルを素敵に整えてもらい、すっきり!
外に出ると気持ちの良い日差し。そのままちょっと歩きたくなって、井の頭公園にある自然文化園(動物園)へ...。

ここには第二次世界大戦後、日本に初めて来た「象の花子」がいたのでした。
まだ子象の頃に異国にやって来て、1954年からはずっとここにいて、今年長寿をまっとう(69歳)した花子の姿はもうないけれど、沢山の子ども達や、人々を笑顔にしてくれていた花子の面影が確かにありました。ありがとうございました。

散策を続けると、ふと目に留まったのが童謡作詞家「野口雨情」の歌碑でした。「シャボン玉」や「赤い靴」「十五夜お月さん」などの歌は、私も幼少の頃に口ずさんだ懐かしい思い出があります。
その書斎であった「童心居」が園内に移築されていたのでした。思わず縁側に...。
「野口雨情」が残した作品のように、いつの時代にも口ずさんでもらえるような、そんな歌を残したいと思いました。
宮咲まど。





童心居にて



2016.10.4(火)

「♪花は霧島、煙草は国分」

初秋も過ぎ、10月になりましたね。今年もあっという間!・・・先日、所用があり鹿児島へ、行って来ました。飛行機に乗るのは、約二年ぶり。日本初の黒酢レストラン「黒酢本舗 桷志田」さんに行き、窓の外に広がる錦江湾と桜島をのぞみながらのランチタイム。
あいにくのお天気で、桜島は薄い雲の笠をかぶっておりましたが、雄大な景色と一緒に美味しい食事の時間を過ごしました。そのお店のマスコットキャラクター「つぼちゃん」なかなか可愛い!

ライブのお知らせ間もなく出来そうです。よろしくお願いいたします。宮咲まど。


 
鹿児島空港 つぼちゃん



2016.9.22(木)

「リビングにグランドピアノがどーん」

先日わたくしの先生「作・編曲・ピアニストの鬼武みゆき」さんのピアノソロライブへ行ってきました。
習志野市にある会場に伺ってみるとそこは一戸建てのお家が並ぶ閑静な住宅街。
何方に演奏会場が?と少し迷っているとそのお宅の玄関先でオーナーご夫妻がお出迎え。
靴を脱ぎ上がりますと広いリビングにグランドピアノがどーん。まあなんと素敵!

お集まりのお客様はカジュアルな出で立ちながら見るからに器量人の老若男女。(わたくしちょっと萎縮ぎみ)
そんな雰囲気の中、我が「鬼武先生」颯爽と登場!
挨拶もそこそこに早速曲を披露。そのピアノとお人柄であっという間に皆様の心を鷲掴みでした。
休憩を挟んでの約2時間のオリジナル楽曲による演奏(1曲カバー)。心地よい充実した時間を過ごすことが出来ました。
バラードが定評の鬼武さん、最近は力強いアップテンポな曲もかなり作曲なさっていてさらに進化中!すごいです!

ライブ終了後はその場で打ち上げパーティー(これも知らなかったので嬉しいびっくり)
オーナーご夫妻のおすすめワインと自家栽培のお野菜をふんだんに使った贅沢な多くの美味しいお料理。
かの器量人の方々との楽しい会話。時が進むのを忘れるほどでした。まだまだパーティーは続く中、後ろ髪を引かれつつ帰路につく私でした。この日初めての体験を沢山いたしました。素敵なひとときをありがとうございました。
初めてといえばもう一つ、行き帰り「船橋駅」で乗り換え。まだ一度も降り立ったことがなかったので記念撮影でした。
宮咲まど。



2016.9.9(金)

「ライブが好きだなぁ」

やっぱり私は、ライブが好きだなぁと実感した一日でした。
お越し下さったお客様、ありがとうございました!! 初めての場所「柏 Animalia」さんで、初めてのゲスト、ギタリスト「菅原智明(From Gypsy Japan)」さんを迎えて、柏でのライブは約8ヶ月ぶりでした。
久しぶりの柏でのライブ...緊張もしましたが、アットホームなお店の雰囲気の中で、皆様に届くようにと、心を込めて歌いました。

今回初お披露目の新曲「balance」も、好評を頂きました。今の私を一番表現しているこの曲。聴いて下さった方々の心に思い届いたかな?
二部ではゲストの菅原智明さんと一緒に。お人柄と同じく優しい音色で「♪Letter」を。ギターの入るサウンドは久しぶりで新鮮でした!「♪あの娘と太陽」はガットギターのボサノバで。その次はなんと!エレキギターで「♪カラフル」を!( 本来”マカフェリギター”のプロ菅原さん、宮咲のリクエストをここまで聞いて頂きありがとうございます。)始まればいつもと同じあっという間の時間。早くも次のライブへ向けて色んな事を考えワクワクしています。

やりたい事がいっぱい、もっと知りたい事、分かりたい事がいっぱいで、今とても幸せです。 2016年の私の熱い夏が終わりました。
宮咲まど

*会場の「柏 Animalia」さんの
オーナーもギタリスト。
店内の壁にはギターがいっぱい。



2016.9.1(木)

「一番の長距離ドライブ」

先日初めて千葉県旭市へ行って来ました。 車の運転免許をとって、十数年経ちますが、(一応ゴールド免許です!)いままでで一番の長距離ドライブでした。
私用を済ませた後、すぐ近くの「滝のさと自然公園」で行われていた「Nature Lovers 2016」という野外イベントに、池田聡さん庄野真代さんらが出演をされていたので、ご挨拶へと向かいました。しかし残念ながら、池田さんは本番を終えて、会場を後にしていらして、お会いする事ができませんでしたが、楽屋にいらした庄野真代さんに、ご挨拶をさせて頂きました。ライブ会場の人々は、夏の終わりを惜しむかのようなアットホームな雰囲気でした。

芝生が広がるその先には、風力発電の風車が!こんな近くで実物を見たのは初めてでしたが、なかなかの迫力でした。

柏での8ヶ月ぶりのライブまで今日を入れて後3日!ギタリスト菅原さんとのリハーサルも、いい感じです。皆様にも、ライブの場で一緒に感じて頂きたいです。是非!!お待ちしております。
宮咲まど



2016.8.24(水)

「白い流線型」

田舎へと向かう人、旅行へと行く人、外国の方々や、多くの家族が行き交う東京駅へ、息子の帰省の見送りに行ってきました。

一年ぶりに間近で見た「白い流線型」、美しいフォルムです…! 関西で活動をしていた頃は、オーディションやお仕事の度に、これに乗って上京をしていました。熱海のお茶畑、横浜を過ぎて品川辺りまで来ると、車窓から立ち並ぶビル群を眺めては、心がきりりと引き締まったものでした。
そんな思いをモチーフに「Suara」さんに作詞をした「TOKYO-days」その中に「白い流線型」の一節が! 良い曲です一度聴いてみて下さいね。

東京駅を後にしてからは、ちょっと日本橋へと行ってみました。
この界隈をゆっくり歩くのは初めて。建物が国の重要文化財の「高島屋」「三越」(これらの建物好きだな) もあり、落ち着いた大人の街、好きになりました。

さて!9月3日のライブまでいよいよ二週間あまり。リハーサル始まり、心が引き締まります!今回初めてゲストにお迎えする「菅原智明」さんと、初めての場所「Animalia」さんでのライブ。楽しみです!
宮咲まど


日本橋お散歩!
      白い流線型!!



2016.8.6(土)

「吉川忠英さん/ドランカーズ」

ギタリスト吉川忠英さんのライブへ「学芸大学駅」にあるライブハウスへ行ってきました。忠英さんとは約一年半ぶりの再会です。

柏にある、私も出演していたお店で忠英さんのソロライブを見に行った時、以前の「フロムマド」にも書きましたが、アンコールでステージから「まどさん」と声をかけていただき「黄昏のビギン」を一緒に歌わせて頂いたのでした。
けれど、忠英さんの音楽への深い愛情とものすごいオーラの中、私はとても緊張して、ほとんど歌えなかった…という出来事がありました。一曲の中で、色々と教えて頂けた、とても大切な出来事でした。

今回のライブは忠英さんのソロではなく「Drunkards」というバンドスタイルでのライブ。メンバーは河合徹三(b) 島村英二(drs) 中村哲(pf,sax) ベテランのスタジオミュージシャンの方々でした。

オープニングに私が大好きな曲、「草原の音」。忠英さんの歌声、ホーミーは、大地を感じさせてくれます。勇ましく優しいこの曲に包まれると、今まさに、自分が大きな果てない草原に立っているかのよう。音の風に吹かれて一緒に歌いたくなります。真っすぐに在りたいという気持ちになります。
楽しい時間を過ごせました!忠英さん、ありがとうございました。

「学芸大学駅」には、むかしレコーディングであるスタジオに訪れた事があったのですが、それ以来(この日で三度目だったかな?)とても久しぶり!
夏の夕暮れの中、駅から方々へ続く道に並ぶ店そして行き交う生き生きとした人々。もとてもいい感じの街でした。

宮咲まど。

会場の入り口にて。

私のCD「君のhome」ぜひ聞いて下さい!とお願いをしてライブ終了後
忠英さんにご挨拶!





2016.7.27(水)

「文京朝顔・ほおずき市」

先日「文京区の朝顔.ほおずき市」へ。
「蒼井優」さんが主演された映画「フラガール」。その主題歌の日本語バージョン「フラガール〜虹を〜」で有名な「照屋実穂」さん。
実穂さんがそこで演奏されると言うことなので、久しぶりにお会いしたくて遊びに行ってきました。
地元の方々でにぎわう境内で和やかにピアノで弾き語る照屋さん…その歌声も浴衣姿も凛として素敵でした。またいつか一緒にライブをしたいな!

「よろしくお願いします」とご挨拶の後、会場の一つとなっている徳川将軍家の菩提寺「伝通院」に寄りました。
ここは徳川家康の生母「於大の方」を始め「千姫」など徳川家康公ゆかりの方々が多く祀られていて、明治の文豪達の多くの文学作品にも描かれています。

戦国の世を統一し、江戸の街と文化を築き上げて行った名将の母とはどんな方だったのでしょう?
三つ葉葵の家紋が歴史を静かに語りかけて来るかのようでした。

さて9月3日のライブの詳細が決まりましたのでスケジュールページで確認をよろしくお願いしま〜す!     宮咲まど。

いつも可愛くて素敵な照屋実穂さん。
8/30(火)中目黒「楽屋」さんでワンマンライブがあるそうです!



伝通院 山門



2016.7.22(金)

「梅雨明けはまだかな?」

九州から東海、北陸地方は梅雨明けをしたとニュースで観ましたが、関東はまだむしむしと暑いですね。夕暮れの涼しくなる頃に、家の近くの水辺をジョギングしたり、散歩したりしています。

ある日、私が歩いていると前から突然、鳥の親子が…!
私も真っすぐ歩いていましたが、むこうも全くよける気配もなくて、そのままその家族の輪の中へ。 この鳥は「こぶ白鳥」と言って小振りな大きさの白鳥です。
シロツメグサが大好物なんだそう。(地元の方に聞いたお話)
この日もお父さん、お母さん子ども達みな、夢中になってのお食事中でした。

この水辺には、他にも何組かの親子が、暮らしているそうです。
ずっと自然と共に、世代を引き継ぎながらいて欲しいなぁと思いました。

お知らせが一つ。9月3日(土)にライブが決まりました。
お昼間のライブになると思います。場所は8ヶ月ぶりとなる「柏」です。
詳細は数日のうちにお知らせしますね!

宮咲まど。

始めは少し警戒されましたが、すぐに仲良くなれました!


家族でお食事中!
おじゃましましてすみません!




2016.7.4(月)

「カラフルに人生を楽しみたい!」

梅雨明けはまだまだ、だというのに!!  関東では毎日、早くも猛暑日が続いています。
皆様、熱中症にならないよう、くれぐれもお気をつけくださいね。
私は先月のライブが終わり、ひと時ボーっとしておりましたが、
今月に入ってから今年後半のライブの予定などを、プランニングをし始めました。
次回のライブが決まりましたら、またこちらでお知らせを致しますね。

ところで…6月12日のライブで歌詞を新たに書き直してお届けした「♪カラフル」。
「新しい歌詞を教えて下さい」とのお問い合わせを、沢山頂きましたのでここに紹介を致します!
「カラフル」  作詞・作曲 宮咲まど

Good Morning! 青空 風は緑  どんな一日が待っているの?
Daydream スキップで街をパレード 赤や黄色の春の花 歌い出す

カラフルになる 心 踊るよ  I’m dancing & feeling 特別な
この気持ち何色?

Let It Be! 白いシャツとまるバタフライ
七色の羽根 輝くよ いつだって

カラフルになる 心 夢見よう  You’re my special 特別な私の色

悲しい雨の日もあれば  暖かい陽だまりの日も
色とりどりの人生よ  Life is beautiful!!

いつもいつでも 忘れないで
The Love is music 特別な一日になるでしょう

カラフルになる 心 夢見よう  You’re my special 特別な私の色
You’re my special 特別さあなたの色





この日はいつもガンバっている息子のサッカー練習を応援に出かけました。
思っていたよりもずっと逞しくグラウンドを駆け巡り汗まみれ、泥まみれ
Life is beautiful!! なんだかとても嬉しかったな〜



2016.6.13(月)

「無事に終える。ありがとうございました!」

ご来場下さったお客様、本当にありがとうございました!
昨日、「宮咲まど」として東京での初めてのライブを無事に終える事が出来ました。
今、半年ぶりに感じる「ライブ」の感動を、じんわりと心地よく味わっているところです。「お客様の一人一人の心に届くように...」とご挨拶をいたしましたがしっかりと届ける事が出来たかな・・?この日新しく多くの方々と出会う事ができ、学べた事も多く、私にとって大切な節目のライブとなりました。
アウトプットの後はインプットしたくなる。色々とやりたい事、観たい事、行きたい場所などを、思い浮かべています。そして、今の私を表現する曲を、もっともっと作りたい。毎日がスペシャル!カラフルな人生になるようこれからも、学び、感じ、歌いたいです!!そして、音楽を通じて沢山の方々へ届けたい…!
宮咲まど。







2016.6.12(日)

「いよいよ本日!」

あっ!という間にライブ本番の日をむかえました。

宮咲まどワンマンライブ「紫陽花・水無月」at:渋谷公園通りクラシックス

皆様。よろしくお願いいたします。 宮咲まど。



2016.6.9(木)

「あと3日!」

渋谷公園通りクラシックスでの東京初ライブまであと3日となりました。 当日のお天気、心配になりますが今のところ
「曇り」なんとか雨は大丈夫なようです!会場のクラシックスさんには、今まで3回ほど脚を運びましたが、会場の雰囲気はシンプルな造りで私にマッチしていて表現しやすそう、音響もとても良く、楽しみ。
少しでも良いライブが出来る様がんばります!

ご予約をうっかりお済みでない皆様!?(すみません)。どうぞよろしくお願いいたします。
宮咲まど。
     *写真の紫陽花も10日まえと比べると随分色づきてきました。

*練習中!なんだか自撮りをしているみたい。でも右手に持っているものは「マイク」です!



2016.6.5(日)

「あと一週間!」

こんにちは。昨日 "近畿、東海地方まで梅雨入り" のニュースがありました。
本格的に紫陽花の季節になって来ましたね!関東ももう直ぐかしら? (と思っていたらこれを書いている時に関東甲信地方も梅雨入りのニュース!!)
そしてわたくしの渋谷公園通りクラシックスのライブまでいよいよあと一週間となりました。先日はピアノの鬼武みゆきさんとリハーサルに横浜まで。
加藤登紀子さんとのライン・マイン川クルーズ船内コンサートで、前日にヨーロッパから帰国したばかりの鬼武さんでしたが、時差ボケと言いつつとっても元気!!
いつも素敵なパッションを頂いています、ありがとうございます。
楽しいリハーサルと厳しい!?ピアノレッスンのあとまだ陽がありましたので
横浜を少し散策。風が強かったけれどお散歩気持ちよかった!
こんどあの観覧車に乗ってみよー。 6/12(日)「宮咲まど東京初ライブ」お時間ありましたら是非足をお運び下さい。
よろしくお願いします! 宮咲まど

リハーサルを終えて
 
横浜赤レンガ倉庫「Motion Blue」のテラスにて



2016.5.30(月)

「いろいろ準備中!」

家の近くの紫陽花が色づいてきました。私の好きな季節の一つです。
気がつくと"初東京ライブ"まであと13日! いろいろと準備中です。曲順も大体決まってきて、このところ毎日のようにスタジオに入っています。 来週にはピアノの鬼武みゆきさんとのリハーサルも決まりました、久しぶりにお会いできて嬉しい!
そんな中、先日行きつけの美容院へ行ってきました。こちらの美容室「渡辺謙」似のマスターも音楽が大好きで、その証拠に店内にはギターやベースがあり(!)何やらご自身も演奏を楽しんでいるようです。とても居心地のいい空間です。少し伸びていた髪も最近お馴染みのヘアスタイルになり、ライブに向けて身も心も引き締まります。  宮咲まど


吉祥寺 BOW ROOM HAIR MAKE にて


BOW ROOM スタッフ!? の KEN KEN 君と



2016.5.22(日)

「東京の下町を散歩するのが好き」

最近、東京の下町を散歩するのが好きです。新しい街並みも綺麗で恰好良くてとても素敵!でもそのすぐお隣。

ひょいと気まぐれに路地を入って行くと…。そこには昭和の匂いが残る商店街、行き交う人々。ひっそりと立ち並ぶ家々もある。それぞれ、どんな毎日を過ごしていらっしゃるんだろう?そんな事を思いながら歩く。

ゆっくりと歩を進めるご老人に、年月を重ねてこられた重み感じたり、自転車の後ろに乗っている小さな子どもを見ては、私も懸命に子育てをしていた頃を思い出し、懐かしんでみたりして。一歩、表通りに出れば忙しげに歩くサラリーマン、働く人達の姿。昭和に育った私としては、こういった街にはずっと残っていて欲しいなぁと切に願います。何てことはない日常に咲く、軒先の鉢植えの草花の可憐さに心が和みます。そして私も逞しく頑張ろう!って気持ちになるのです。

いよいよ初東京ライブまであと21日!リハーサルも始まりました。
今回、挑戦する事の一つを、少しだけお話しますと。
常磐線沿線に越した頃に作った「カラフル」とゆう曲があるのですが、東京品川ラインも出来て、刻々とかわっていく街を感じていると私も「あ!なんか今、歌詞を新しく書いてみたい!」と思いました。元気なイメージはそのままに、日々を鮮やかに彩る心や夢を歌ったものになりました。

自画自賛ですが…いい感じ!!この曲を知る方も、そうでない方も今度のライブで是非聴いて頂きたいな、そして感想をお聞かせ下さい!
宮咲まど。


鳥越神社↑
↓おかず横丁で見かけた粋なカップル




 おかず横丁の入船屋(煮〆・食料品)さんの前で。そこで伽羅蕗を買いました。
    (お店のご主人無口で素敵!)



2016.5.8(日)

「ゴールデンウイーク終了!」



こんにちは。五月晴れの眩しい光に葉を揺らす緑が、今年、私の目には例年よりとくに美しく感じました! 皆様お元気ですか?ゴールデンウイークは如何お過ごしになりましたか? 私は大好きな家族と沢山の大切な時間を過ごしました。そして今「歌いたい!」その想いで胸がいっぱいな日々を過ごしています。歌が好きなんだ、そして音楽が好き、ライブが好きなんだ!とあらためて深く感じています。今回のライブは「紫陽花・水無月」この曲をテーマにして日本古来のこの季節を皆さんと愛でたいです。
新しい挑戦もあり?!心躍る!久しぶりの「ライブ」を皆様と一緒に創り歌い、感じ合いたい。渋谷公園通りクラシックスでお待ちしております。どうぞよろしくお願い致します。  宮咲まど。


原宿お散歩の途中ちょっと失礼します。さて、どうやって頂こうかな?

日曜日午後2:30の渋谷です。
この通り左側の並びにクラシックスがあります。


この教会の地下にクラシックスがあります。
左側のなんと!地下駐車場入り口の坂を
下ってください。


ここがクラシックス入り口です。



2016.4.20(水)

「どすこい! 半年ぶりライブ決定!」

九州で大きな地震が起きています。全然収まらないのでとても心配です。どうか一日でも早く、落ち着きますように。

このホームページでもお知らせをしていますように、半年ぶりとなるライブがやっと決定しました! 春になる前から、歌いたくて歌いたくて、うずうずしていましたから、もう大興奮。嬉しくってドキドキ、わくわくと日々を過ごしています。東京でライブをする事はここ数年間ずっと思い続けてきた事の一つです。久しぶりの、しかも初めての、東京でのライブ!それだけに是非多くの皆さんに応援に来て頂きたい!!お忙しいとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします!

ところで先日「両国」で、打ち合わせを終えた後に「江戸東京博物館」へ入ってみました。館内にはヨーロッパ圏からの観光客の方々も数多くいらっしゃって日本の歴史に興味深くふれていらっしゃいました。少し残念だったのは、外国語表記が少なく、もう少しあればもっと深く理解してもらえるのに、と思いました。その後、さらに足を伸ばし夕暮れ時「清澄白河」へ…。江戸時代に水運物流の中心となった重要河川の「小名木川」の辺を歩けば、活気にあふれた人々の営みや街の風景が浮かんで来ました。最近では近代的な美術館、個性的なギャラリー、若者の集まるカフェ、その中に昔ながらの佃煮屋さんが暖簾を揺らしていたり…今と古が混ざり合っている、なんとも心地良い空気のなかでのひと時の散歩でした。
宮咲まど

隅田川大橋にて

この写真を撮っているとき横で、フランス人の女性の方がにこやかに笑って(笑われた?)いました!



2016.4.12(火)

「葉桜も好き!」

満開の桜ももちろん美しいけれど、瑞瑞しい若葉がちょこっと顔を覗かせた葉桜もまた好き! 皆さま毎日をいかがお過ごしでしょうか? 入学式、新学期、クラス替え、新社会人。この季節に感じた特別な思いがあった事を、今はとても懐かしく思います。 それぞれに春はやはり始まりの時期。
私も期待に胸膨らませ、小さな不安もあったりしながら、故郷を離れ、家族と離れて東京生活を始めた季節でもあります。子供も大人も始めの一歩を踏み出す季節。そんな私達にエールを送るために、桜は咲いてくれるのかな?
来年の桜の頃には、私達はどんな気持ちで花々を眺めているのでしょう。
大切な人達が皆、笑顔で見上げていますように。  宮咲まど

満開の中にちょこっと若葉



2016.3.25(金)

「高尾山」

先日東京に桜の開花宣言。いよいよ本格的な春の訪れ!
そんななか・・・私は上京して千葉、東京、神奈川に住み十数年になりますが、今まで一度も訪れた事がなかった「高尾山」へ突然向かいました。
途中までリフトに乗り、参道を登り軽く汗をかきながら、薬王院そして山頂に到着!霞にかかる新宿の高層ビル群、どこまでも広がる街。遠くは横浜のランドマークタワーまで見えました。また一方には連なる雄大な美しい山々、その向こう側にはまだすっぽりと雪をかぶっている富士山。大きな自然の景色にもしばし見とれてしまいました。
帰り道は山道を通ったのですが、切り倒されたばかりの切り株と、大きな幹が横たわっていました。何か理由があって切られたと思いますが、年輪を数えるとおそらく樹齢160年位でしょうか?その姿があまりにも痛々しく涙が溢れてきました。他にも枝葉の少ない木々が目につき少し元気がないように感じました。
空からの雨や光、それを受け止める森林、山々、そこを駆け抜ける風、雨は静かに集まりやがては流れを作り川となり海になる。そのすべてと私達は毎日を共にしている事を忘れずにいたいと思います。
そして、嬉しいお知らせがひとつ!まだ詳細は決まっていないのですが、いよいよ東京でライブが出来そうです。今からとっても楽しみです!!おって詳細などもスケジュールのページにアップして行きますので、どうぞお楽しみに…!!



あ!富士山!

私たちが生まれる前からここにいた。

上の写真は千葉県にある印旛沼に行った時、あまりに夕日が奇麗だったのでちょっと写真を撮ってみました。(夕日と私)



2016.3.8(火)

湯島天満宮」

皆様お元気でいらっしゃいますか?大変ご無沙汰をいたしました。
五月のような暖かい(暑い?!)お天気の日に、本郷方面へお出掛けをしました。
用事を済ませた後「不忍池」辺りを散歩。様々な水鳥たち、思い思いにゆったりと過ごす人達を眺めながらそのまま足は「お蔦と主税(ちから)」で有名な「湯島天満宮」へ...。ちょうど梅まつりの最中でしたが、このところの陽気と雨のせいか梅の花はちらほらとしか咲いていませんでした、梅の香を期待しましたが、ちょっとザンネン!!
通称「湯島天神」は学問の神様として知られる菅原道真公を、祀っており多くの学生達が合格祈願に訪れる所。我が娘も今年は受験をむかえるので、二礼二拍手し、勉学に勤しめますようにと、一礼してその場を後にしました。
しばらくは三寒四温も続きそうですが、もうすぐそこに近ずく春を感じた一日でした。
宮咲まど

境内にて(梅の花が・・・)

境内にて(春うらら)

写真に写っている10倍位の数の絵馬がありました!



2016.2.3(水)

渋谷、青山、原宿・打ち合わせと散策」

今日は節分「鬼は外、福は内!」とご近所から声が聞こえてきました。我が家も負けじと豆まきをしました。明日は立春、暦のうえでは春ですね。梅が咲くのも待ちどうしいです。
さて、先日わたしは、都内のライブハウスの下見と、打ち合わせに行ってきました。渋谷、青山、原宿。各ライブハウスそれぞれの店の雰囲気、ピアノの状態、出演条件と色々ありますので、ライブ会場を決めるのにもう少し時間がかかりそうです。すみません。もう少しお待ち下さい。
ところでこの日、歩いていると何台ものパトカーと規制線が張られ何やら物々しい所にでくわしました。
お子さんの手を引いて足早にその場を離れる外国人の親子
何が起こったのかわからずに私達もその場を立ち去りました。
後で知ったのですが、渋谷区のブリティッシュスクールに爆破予告があったそうです。世界中で毎日つらい事件が起こって
それをニュースで知るたびやるせない思いです。でもこの日は何事もなかったようでホッとしています。
この日の最後には時々おじゃまする青山にあるトゥールモンド(カードショップ)さんへ行きポストカードを購入しました。
ライブが決まったらすぐにご案内申し上げますので、楽しみにしていて下さい。宮咲まど




2016.1.17(日)

その時 1.17」

あの日の朝、兵庫県の実家にいました。
いままでに体験した事のない大きな揺れ、地響き、地鳴り、外から聞こえる鳥達の鳴き声、続く揺れと恐怖、寒い寒い朝の空気の中、不安な気持ちで立ったまま震えていたのを、今でもはっきりと覚えています。
数日後、大阪の町に出て仕事をこなしましたが、大きなリュックの中に避難用の着替えや色んなものを入れて行きました。地下鉄に乗るのがとても怖かったです。家から離れるのも不安だった。そんななか数ヶ月をすごしていましたが、人や町によって震災に対する思いや恐怖の温度差を感じた事も記憶をしています。

その時使った譜面のひとつが残っていました。
オリジナル「未来の花たちへ」

被災した町や人の役に立ちたいと、三ノ宮の方へ途切れた電車を乗り継ぎながらボランティア活動に参加し、一度だけ歌いに行きました。車窓から見える崩れた家々、粉々の歪んだ道、埃が舞っていた町の空気、暗い公園。想像よりもずっと酷く、重くのしかかる被害の大きさに言葉も出ませんでした。なんとかテント村に着き、公園で数曲歌いましたが、どんな曲を歌えばいいのか?どんな気持ちで歌えばいいのか、、、曲の途中に私は何も届けられない自分の無力さを感じていました。歌い終わった後には拍手が。温かい物でもどうぞ、、と頂いた炊き出しの食事の味を思い出します。それは人の温かさの味だったのだろうな。届けるつもりが何も届けられず、反対に温かいものを頂いた、、決して忘れない出来事でした。半年経ち、一年が経ち、数年が経ち神戸を中心として町の多くは新しくなっていき復興を遂げました。人の力、生きる力を感じます。今の私が歌えば何か伝わるだろうか?一つでもいい、少しでもいい、伝わる歌を創り、歌う人で在りたい。   宮咲まど






2016.1.7(木)

「新年のご挨拶

穏やかな年明けを迎えました。
皆様はどんなお正月を過ごされましたか?
昨年はとっても充実した年でした、初めてのCDも発売する事ができ、ライブも今までにない感覚を得ることが出来ました。 2016年は新しい曲を連れて色んな場所で歌いたい。今からワクワクと胸が高鳴ります。皆さまと共に素晴らしい一年を創って行きたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします!
宮咲まど。




神田明神にて