home information profile schedule discography from mado   contact

宮咲まどが日々、感じたり、思ったりしたことを綴ります。自身による日記。不定期ですがお届けします。








● 2020.1〜2020.12

2019.1〜2019.12

2018.1〜2018.12

2017.1〜2017.12

2016.1〜2016.12

2015.1〜2015.12







2020.12.31(木)

「今年も一年ありがとうございました」

2020年もあと僅かで終わります。本当に大変な一年でしたね。
あっという間だったし、長い長い一年だったようにも感じます。
私達、皆それぞれに、それぞれの場所で様々な事を感じ、考え過ごし、
そして頑張りました。
ミュージシャンも次々とライブ、公演が、中止になっていきました。
覚悟も何もしないままに、、、。
今まで常にマイペースで活動をしてきた私ですが「今年はたくさんライブをしよう。」と、年明けから計画をしていました。風に乗り飛立つ翼を奪われたよう、時が止まりました。 けれど、心を冷静に保ち穏やかに日々過ごすよう努めておりました、自分と音楽の事、家族大切な人達の事を想いながら、自分がどうありたいかを、毎日考え過ごしました。

そんな中で、やれる事をやろう!と動き始めたのが5月。
コラボレーションで、ギタリストの円山天使さんのお誘いで初めて挑戦したリモートでの録音、映像配信!
鎌田ひろゆきさんの「ソングライン」をお届けしました。
その後もシリーズでお届けしました、オリジナル曲をお家で歌う「宮咲まどアットホームライブ」。
10月には下北沢音倉さんにて、配信ライブにも初挑戦をしました。
それぞれに、ご覧頂きありがとうございました。
ビデオカメラを前にライブというのは、初めてだったのですが、レンズの向こう側に心を傾けてくださっている皆様のことを感じる事が出来て不思議と違和感なく歌えたこともなんだか嬉しかったです。
遠くにいても想いあう心は必ず届くと、あらためて感じました。

来年の目標は"セカンドミニアルバム"をレコーディングをしたい!!その準備をこの夏から少しずつ進めております!

そして、、、何よりも心から願う事は、平穏な日々がまた戻り、ライブが出来ます様に。
皆様に穏やかな日々が訪れます様に。

本年も応援を頂き、ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。
皆様、良いお年をお迎えください。 mado
写真は・・・

12/28 鬼武みゆきさんの今年最後のレッスン!
  (横浜にて)


12/27 今年最後の散髪後、今年二度目の「時屋」さん!
  (新宿にて)



2020.10.24(土)

「Otokura Recommends Live 終了」

生まれて初めての挑戦!無観客配信ライブ、無事に終えることができました。
ご視聴、ご参加くださった皆様ありがとうございました!

共演者の皆様、音倉さんスタッフの皆様の温かいお心遣いを感じる中・・・
私、トップバッターで大変緊張もしましたが、やっぱりじわじわと溢れてきたのは、歌える喜び、
届けたい想いを表現できる喜び、そんな気持ちで身体中いっぱいになりました。
カメラの向こう側、その表情は見えなくても、遠くから心を傾け観て聴いてくださっている方々へ・・・
思いっきり!想いを込めて歌いました!!

「ライブ」ってその場所、その時間そこに存在する全てのものが、お客様の表情や想いが、重なって生まれるもの。
今回それは叶わなかったけれど、そんな「ライブ」がまた戻って来るように!マスクやソーシャルディスタンスなしで音楽を届けられる日が、日常がまた戻って来るように!!
また皆様にお会いできますように。

いつも希望の灯を胸に頑張ろう。mado

最後に出演者でコラボのひとコマ、ピアノは c.o.d.aさん



2020.8.2(日)

「豆田 将(まめだ すすむ)さん」

衣笠道雄(豆田将)さん。私の大切な旧友のお一人が旅立たれました。音楽を心から愛する友人でした。
彼の生み出す音楽が失われた事、本当に悲しく残念でなりません。まだまだもっともっと、活躍するべき人でした。
未だ信じ難く上手く言葉になりませんが、彼へのメッセージ・・・。

まだお互い若かりし頃、あるレコード会社の誰もいない事務所にて「初めまして」の挨拶をしたのが出会いでした。
彼も私も、デビューを目指して夢を追っていた頃でした。 互いの音楽と人柄に惹かれて、何気なしに交流が始まったあの日から、今まで、、、思いがけず長い付き合いとなりました。
ポップなメロディーの中にもどこか哀愁あるコード感やアレンジ、何気ない日常を描く彼の曲が好きでした。
一時、私が音楽活動を休止していた時の事、育児に追われる日々となり、悶々と過ごしていた私に「子供あやしながらでも、歌詞だったら書けるやろ?」と、私を再び音楽への道に誘い戻す機会を与えてくれた事や、その後 Suara(スアラ)さん、上原れなさんという素敵なアーティスト、素晴らしい楽曲に出逢わせてくれた事、忘れません。
彼の想いを明日へと繋ぎ、音楽への道を邁進し、それを通して彼への感謝を伝えたいと思います。

豆ちゃん!!飄々とした、欲のない人柄が大好きでした。
ありがとうございました。
どうか安らかにお眠りください。mado




2020.5.30(土)

「五月を終えて」

コロナウィルスにより、瞬く間に日常が変貌していった春先を経て、もう五月も終わります。(少し長くなります)
世界的な非常事態宣言が出された中、大変な日々の中、皆様いかがお過ごしだったでしょうか? 初めて経験する自粛生活の中で自然は季節は変わらずにすすみ、新緑の季節がまた始まりましたね。
私もライブ中止、延期となり残念に思う日々となりました。毎日自宅で練習したり、新曲の構想を練ったり、家事、大掃除も!したり...PCで映画鑑賞や読みかけの本をあらためて進めてみたり、近所をウォーキングして気分転換をしたりと過ごしておりました。




ライブできない!けれど歌いたい!という思いで始めた
「宮咲まど@home」お家で一人ライブもVol.4まで出来上がりました。(是非ご覧くださいね。)

miyasakimado youtube channel

六月が近づき全国的に日常("新しい日常"と言われています)が少しづつですが、戻ってまいりましたね。
長い間休業されていたお店、飲食店、商業施設やデパート、個人店など再開する兆しが見えてきました。
ほんの少し、ほっとしますが、まだまだ事態が終わったわけではありません。何より悲しい事に、私がこれまで音楽を通してお客様と感じ合えていた場所「ライブハウス」の再開はまだ先になりそうです。

コロナウィルスのニュース報道が多くなった当初、クラスターが発生した場所の一つが「ライブハウス」だったのは事実ですが、いわゆる三密と言われている様なお店ばかりが「ライブハウス」ではありません。
様々なお店があります。 大勢のお客様が入りスタンディングで演奏を聴く場所も「ライブハウス」ですし、テーブルと椅子が並び着席して、お飲み物やお食事をしながら、ゆったりと音楽を楽しめる様な場所も同じく「ライブハウス」です。
生演奏を楽しんで頂く場所が「ライブハウス」です。 飲食店の規模、大きさやスタイルが様々である様に「ライブハウス」も様々。一度も訪れた事のない人達には、誤解されやすいニュースや報道を目にする度に、複雑な思いになります。

プロの方、アマチュアの方問わず、音楽を愛してやまないアーティストの方々、「ライブハウス」で働く方々、そして音楽を求めて脚を運んでくださる方々。まだGoサインが出ないなか懸命に策を模索し、皆が前を向いて日々を過ごしています!

一日でも早く、事態が良くなります様に。音楽を皆さまの笑顔の前で奏でられる時がまた訪れます様に。頑張りたいです。mado



2020.3.8(日)

「梅津和時 プチ大仕事2020」

ライブへ行ってまいりました。「梅津和時 プチ大仕事2020 こまっちゃクレズマ+原マスミ」。
梅津和時(Sax,Cl) 多田葉子(Sax) 松井亜由美(Vln) 関島岳郎(Tuba) 夏秋文尚(Ds) ゲスト:原マスミ(Vo,G)

会場は、初めて訪れる老舗のライブハウス「新宿PIT INN」。
私、始まる前からドキドキしておりました。
だってね、梅津和時さんの五日間連続のライブ、三日目となるのこの日の「こまっちゃクレズマ」のメンバーも、
ゲスト「原マスミ」さんも敬愛するミュージシャンの方々!!

入り口にて

梅津和時さん素敵

原マスミさんありがとうございます!
初めてご挨拶をさせて頂く皆様でしたが、おしかけた本番前の楽屋にて和かに迎えてくださり、もうそれだけで感激しました。
ライブはとにかく最高でした!梅津さんの情熱、音楽への愛を感じながら「こまっちゃクレズマ」のサウンドに身を投じ、いろいろの事は忘れて没頭し、陶酔しあっという間に、次のツーステージへ。

原マスミさんはこれまで何度も弾き語りのライブを観ていましたが、今日のアンサンブルは初めて。
それぞれの世界観が融合して、自由自在に歌い踊る姿がかっこいい。
宇宙から聞こえるようなあの歌声、、、今までの中で一番、歌詞が沁みたかな!

良いなライブって。良いな音楽って。自由だな理屈はいらない。
ステージから表現するただそれだけ、客席で感じて受け取る、それだけで通じ合える沢山の心。 梅津さん、こまっちゃクレズマの皆様、原マスミさん。
ありがとうございました!mado


浅川マキさんのポスター前で

夏秋文尚さんいつか、、

松井亜由美さん 関島岳郎さん初めまして



2020.2.24(月)

「初!八王子 街角散歩」

関西出身の私としては今まで八王子駅前は、テレビの天気予報で「雪が積もっています!」でお馴染みの場所でしたが、先週、所用がありまして初めて八王子駅に降り立ちました! 2〜3時間の短い間でしたが少し街中お散歩。

良いお天気の中、甲州街道を!江戸時代には宿場町として、絹織物産業・養蚕業の街として栄えたという事で、やはり先ずは訪ねて見たかったここ、あの大物のご実家「荒井呉服店」!でしたが残念・・(現在建て替え中で仮店舗でした)。

続いてお団子。創業80周年を迎える老舗の和菓子屋「伊勢屋」さんのみたらし団子。大きくて、安くて、美味しくてとても嬉しい〜!


私の背の高さほどのお団子の看板!(年季が入っています)

さらに足を伸ばして浅川に掛かる浅川橋まで。
(大きな白い鳥が!名前なんだろう?)

ここで地元の昔ながらのお蕎麦屋「むさし家」さんでお昼ごはん。
とても感じの良い女将さんの接客で気持ちが良い!!
この日「財津和夫さんと姫野達也さん」のコンサートが八王子であったらしく、ご主人は楽屋に出前をしたらしい・・。
またもや大盛りで、安くて、美味しくてとても嬉し〜!(おすすめ!)

JR八王子駅北口、マルベリーブリッジ
「本日雪は降っていません!



ここは荒井呉服店仮店舗
建て替え前に来たかったな、、


建物も低くなり山並みが近くに、春霞を帯びて

サギの種類かしら?

時間があればこのまま旧甲州街道を八王子城址まで行きたかったのですが今回はここまで、次は行くぞ!
と決めて駅前まで戻りました。ありがとう、またね八王子。
mado




2020.2.10(月)

「君のhomeライブ vol.13」

柏Animaliaさんでの「君のhomeライブ vol.13」終了しました!
ご来場頂きましたお客様、ありがとうございました。 今回はサポートゲストとして、お馴染みのギタリスト菅原智明さん、初めてご一緒するベーシスト帆足昌太さんと共にお届けをしました。
楽しかった!! 久しぶりのバンドサウンド。
私のオリジナル曲がお二人の演奏によって躍動して、豊かになって歌も伸びやかになった気がします。

お客様も私達三人のアンサンブルをお楽しみ頂けたのではないかな!?
「これまでの♪"カラフル"のなかでまたひと味違っていて、楽しくて好きです!」とか、
「♪"星の散歩道"が気持ちよかった。」などの感想を頂けたのが、本当に嬉しいです。
私はなかでも♪"Letter"が最高でした!
まだまだこの先に向かって行きたい。菅原さん、帆足さん、ありがとうございました。

約束の新曲「ため息ついても良いよ」もなんとか!?お届けできました。
アレンジもまだまだ未完成な部分がありましたがお聴きくださり、ありがとうございました。更に磨きをかけて仕上げて行きたいです。 また来月は下北沢、音倉さんでの弾き語りライブもあります!女性ボーカル三組によるホワイトデーライブ。こちらへ向けての準備、そして二月の新曲も構想中。次はどんな曲にしようか?どんな想いを歌おうか?
自分の心と向き合う日々です。

皆さん!「果たしてまどさん、新曲はできたのかな?」なんて感じで、ライブへお越し下さいね。よろしくお願いします。 mado





2020.2.5(水)

「3人で2月8日のリハーサル」

昨日は2/8(土)のライブに向けてのリハーサルでした。
ギターの菅原さんとは前回に続けて。そしてベースの帆足さんとは今回が初めての音合わせでした。

三人がそれぞれのプレイに反応して曲がどんどん変化していく。
「あの娘と太陽」は音の空間をどこまでも漂っていく感覚、歌っていても気持ちよかったなぁ。
少しずつ創っていく、弾き語りとはまた違った新たな楽しい経験です。
自分でもはっとする、いつもとは違う歌になったり、予想できない変化もあって、、、アンサンブルって本当に楽しい!

本番も良い感じになりそうです。お時間ありましたら土曜日の夜です、是非お越しくださいね。
よろしくお願いします! mado

昨日は3人でリハーサル❗️❗️❗️

今日は1人でリハーサル❗️



2020.1.19(日)

「復活!”街角散歩”と”pocopen”さんライブ」

1/17(金)、この日の新宿は曇り空。
けれど、久しぶりに街角散歩を、、、と思いたち、歩き始めて五分とたたずに、
信号待ちの交差点の向側、ふと目にとまった甘味処の「時屋」さん。
そこは古くからあるお店(ドラえもんのどら焼きのモデルはここ新宿時屋さんのものだったそうです。作者の藤子F不二雄氏も愛したというお店)で、以前より入ってみたかったの!引き込まれる様に、お店のお品書きとショーウィンドウに近づくと、
目にとまったのは「大田舎しるこ」。
これより先、しばし寒空の下を歩くし、これは是非頂きたい!と寸分の迷いなく店に入りご賞味いたしました。 驚いたのは、顔ほどの大きさのある大きな器に熱々のおしるこ、焼き色ついた良い感じのお餅。味は優しい甘さ。大満足、美味しかった!



か、、 顔が!!!嬉しそうです。


「ル.ジャルダン.ゴロワ」テイクアウトのみですよ!
すっかりお腹から温まったところで・・・
「そうそう目指すは東中野よね」とお散歩を再開。
東中野に向かう理由は、あるお店を目指して。フランス人のシェフが作るフランスの家庭的なお惣菜とスウィーツのお店。お目当てはキッシュ。すっかり綺麗になった駅前の中野坂上を通過。歩いた歩いた!東中野に到着!
お店の名は「ル.ジャルダン.ゴロワ」。発見!
夕刻の可愛い店先には「色々な種類のキッシュ」、「沢山の苺のタルト」、「エッフェル生シュークリーム!?」、
「生チョコ」、、。うーん、どれもこれも魅力的!
お店のスタッフも可愛らしいフランスの女性。どの品も美味しそうだったけど、ここは基本の「キッシュロレーヌ」を注文し、お持ち帰り。味はとてもジューシーで深いベーコンの香り。素朴で美味しかったです!
しかし、この日のお出かけ第一目的は、以前より存じ上げていた「sakana」というユニットのボーカル「pocopen」さん
のライブを観に、「阿佐ヶ谷harness」へ行く事。
今はユニットとしての活動はされてないのですが、久しぶりに彼女のあの歌声と、絵画のような世界観を味わいたくて、
楽しみにしていたこの日。
何年かぶりに観たpocopenさんは、変わりなく、自由にナチュラルにギターを爪弾き歌っていらして、本当に素敵でした。 ライブ後、pocopenさんにご挨拶をし、ゆっくりとお話をさせて頂きましたが、永遠の女の子って感じの可愛らしい方でした。「いつかご一緒にライブで歌えたら嬉しいです!」とお写真を。
楽しかったこの日の東京の街。心の奏、私の音楽となるでしょう。mado

pocopenさんすっごく素敵です!

阿佐ヶ谷harnessさん入り口



2020.1.7(火)

「明けましておめでとうございます。2020」

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。

と言っても今日でお正月は早くも終わっちゃいますね。皆さま、いかがお過ごしだったでしょうか?

私は仕事始めの昨日、一昨年同様に神田明神へ初詣に行ってまいりました。

この日の神田明神はビジネスマンでいっぱい!
まるでお正月の三が日のよう、警察官も沢山警備に出ていてびっくり!

晴れやかな青空に、活気ある一年の始まりを感じました。
良い一年となればいいなあ!

同じくこの日は、スタジオに入っての練習始めでした。

今年の私の抱負は、、、。
*一か月に一作品、曲をつくる!
*皆様に曲を覚えて頂けるように、ライブの数を増やす! そして
*健康第一、元気に過ごす! この三つ。


初歌いライブ、近日中にお知らせできそうです!!
mado